春秋航空の強みは?

春秋航空を利用するメリットとは?他の航空会社に負けない強みとは? - 春秋航空の強みは?

更新情報

アーカイブ

春秋航空の強みは?

春秋航空はLCCとして日本でも就航している中国の航空会社です。飛行機によく乗る人は知っている人も多いかもしれませんが、それほど知名度は高まっていない会社なので、知らない人もまだまだ多い航空会社の一つかもしれません。

最大のメリットはやはり値段なのか?

最大のメリットはやはり値段なのか?
春秋航空を知らない人からしたらどこの航空会社で、どんな飛行機を飛ばしているのかと不安になるかもしれないのですが、それほど不安になることもありません。なぜなら中国主体の航空会社ではあるのですが、就航しているのは国内線もありますので、成田から佐賀県等国内を飛び回っている飛行機でもあります。国内線も飛ばしていますがもちろん国際線もあり中国へも飛んでいます。メリットの最大のところはやはり値段でしょう。やはり値段は他に比べ物にならないほどリーズナブルです。毎月7日にはなんと777円という価格で乗ることが出来るセールを行っています。このセールはとっても安いですし、多くの人が知っているセールなので、そのセールのことを聞いて、あの航空会社か!と思い出す人もいるかもしれませんね。777円で飛行機が乗れるなんて夢のような価格設定ですよね。

当日券でも安心の価格であることもメリット

当日券でも安心の価格
飛行機の当日券といえばやはり値段が高いことが心配のポイントですよね。しかしLCCであることと、春秋航空であることが重なって、当日券でもとてもリーズナブルな価格で購入することができるというメリットがあります。チケットはウェブからも手軽に購入することができますので、これなら安心です。ちなみに当日購入したとしても7000円程度の価格で購入することができます。当日券でこの価格は破格といってもいいでしょう。

チケットの種類は色々とあります

春秋航空チケット種類
チケットには種類があるのですが、これは価格によって決められています。その種類は3種類あります。ラッキースプリング、スプリング、スプリングプラスの三種類です。これらはなにが違っているのかといえば、例えば払い戻しや時間変更ができるのか、荷物の許容量がどれくらいなのか、そういった点で違いがあります。ラッキースプリングセールはバーゲンでの価格なので、通常はスプリング、スプリングプラスでの値段設定で購入することとなるでしょう。

機内の広さがLCCにしては広いことがメリット

機内の広さがLCCにしては広いことがメリット
LCCといえば大半がエアバスを使用しているところが多いのですが、春秋航空の場合にはボーイングが使用されているという点で、こちらもメリットと言えるのではないでしょうか。大半の国内線のLCCはエアバス320を使用していますがこちらはボーイング737ー800を使用しています。機内はレザー張りのとてもシンプルでスタイリッシュな座席シートです。ボーイングであることも重なってか、とても広々とした印象で、普通のLCCと比べると快適な空の旅が楽しめそうな感じですね。春秋航空は佐賀県にも就航しているのですが、就航先の県とのタイアップもあるようで、そのキャンペーンの座席カバーが敷かれていることもあるようです。

空港内での移動はバスが多いところもメリット

空港内での移動はバス
ブリッジをただひたすら歩くのって疲れますよね。そこは春秋航空のメリットかもしれません。バスでの移動となりますので、5分程度バスに乗れば空港の荷物が回ってくる場所へ移動することができますので、スムーズに移動することができます。あとは荷物を受け取れば外に出られるので、長い連絡通路をひたすら歩いて移動しなくてもいいという点でもメリットといえるかもしれません。

春秋航空はネットから予約できます

春秋航空のネット予約
■https://www.soratabi.com/sjo/
└航空券をできるだけ安くで手に入れたいなら春秋航空で決まり!

Copyright(C)2017 春秋航空の強みは? All Rights Reserved.