春秋航空の強みは?

春秋航空を利用するメリットとは?他の航空会社に負けない強みとは? - 春秋航空を利用する際の手荷物について

アーカイブ

春秋航空を利用する際の手荷物について

春秋航空はLCCとして日本国内と、国際線の就航がありますが、気になる手荷物の量はどうなっているのでしょうか?普通の大手航空会社と比べると手荷物の量などは規制が色々とある場合が多いLCCですが見ていきましょう。

春秋航空の手荷物は意外とチェックが厳しい

やはり値段を下げてローコストで運行しているので重量については厳しいチェックが入っているようです。これは国内線だけでなく国際線でもいえることなのですが、機内への持ち込み荷物の重量は5キロですので、この5キロは必ず守って軽量した上で機内へ持ち込まないといけません。5キロといえば意外とあっという間にいってしまう重量ですので特に女性は注意してください。

そんなに重たくはないと思っていても

女性はバッグの中に色々と普段から持ち歩いているという人も多いですが、普段のバッグを計測してみると既にそれだけで3キロ以上になっているということもあります。そこに旅行ですので一眼レフカメラを入れたりビデオカメラを入れたりしたらどうでしょうか。あっという間に5キロなんて超えてしまう重量になってしまうのです。ですから、もし重たくなるのではないかと不安な人は事前に計量しておいたほうがいいしょう。バッテリーの予備等を入れているとすぐに重量オーバーになってしまいます。

誤魔化せると思っている人は注意です

LCCなのでそのへんのことはゆるいのではないかと、誤魔化せると思っている人もいるかも知れないのですが注意してください。きちんと計測されて搭乗することになりますので、誤魔化そうと思ってもごまかせないのが現状なのです。ですからきちんと計測した上であとで後悔しないようにしたいですね。これは春秋航空だけに言えたことではないですが。

関連する記事

Copyright(C)2017 春秋航空の強みは? All Rights Reserved.